コンサル会社は慎重に選ぶ

女性

改善案があるか確認

顧客満足度が業績を大きく左右するというのはよく知られていますが、近年は社員満足度も注目され始めています。社員満足度とは、その名の通りその会社で働く社員がどのくらい会社のあり方や働き方に満足しているかを指し示すものです。従業員満足度ともいいます。社員満足度というのは主観的なものをはかることになるので、正確に測定するのが難しいものでもあるのですが、業績にプラスの影響を与えるといわれています。少なくともマイナスに働くという研究結果はなく、業績にまで関係せずとも、社員の定着率の高さや欠勤率の低さにつながることが多く、働きやすさには関係しているといわれています。社員満足度を高めるには、現状を知ることが第一です。自社で調査を行うという方法もありますが、専門のコンサルティング会社などに依頼する方が確実です。調査方法や改善案のノウハウが豊富で、客観的な視点から分析してもらえるためです。ただ、コンサルティング会社の選び方は知っておかねばならないでしょう。肝となるのが改善案があるか、柔軟な提案をしてくれるかです。高い社員満足度が確認できても、停滞は必ず不満を招きます。低い調査結果ならなおのこと改善が必要です。調査するだけでは片手落ちで、きちんと改善案を提案してくれて初めて意味があるといえます。改善案についても、その会社にあったものを柔軟に提供できるような懐の深さが必要です。過去の事例や実績を見て判断すると良いでしょう。

Copyright© 2017 社員満足度を専門業者に頼もう|組織改善が可能 All Rights Reserved.